心療内科

現代社会の生活に、心身のストレスを感じていませんか?

  • 会社へ行こうとすると、お腹が痛くなる、下痢になる
  • 最近、めまいや動悸がする
  • よく頭痛がする、胃が痛い
  • 大人になって、急に喘息になった
  • 蕁麻疹やアトピー性皮膚炎で悩んでいる
  • 急に血圧が高いと言われた
  • 内科で異常なしと言われたけれど、どこか調子が悪い
  • 精神科に通い安定剤を飲んだが、からだの症状が改善しない

思い当たるフシがある方は「心身症」の可能性があります。

心身症とは

「身体の病気の中で,発症やその後の経過に心理社会的な要因が密接に関係しているものを心身症」といい、神経症やうつ病などの心の病気は心身症とは呼びません。

「心理社会的な要因」というのは、例えば性格(神経質・完璧主義など)や行動パターン(いつも他者に合わせてしまう、言いたい事が言えず黙ってしまうなど)、ストレス(転勤、出産、離婚、仕事の忙しさ等)などのことです。

例えば、慢性胃炎・気管支喘息・高血圧症・アトピー性皮膚炎などは体の病気として主に内科や皮膚科で治療を受けます。しかし発症や経過の様子を見ていくと、心理社会的な要因が関係していることが明らかになる場合が多くあります。
ある人にとっては環境が変わり、新しい人間関係をつくりながら新たな勉強や仕事をしないといけないという状況が、症状の繰り返しや増悪に関係していることが分かってきたりします。

このように病気の始まりや経過に心理社会的な要因が関係しているときに、その病気を心身症と診断します。
心理社会的な問題は人のこころの中で葛藤状況を生じさせ、脳や神経の働きに影響を及ぼし、からだの症状として現れていると考えます。
さらに、身体的な不調もこころの働きに影響を及ぼすため、心身症ではこころと身体の複雑な相互作用を念頭に置いた治療が必要となります。

おもな症状

心療内科専門外来について

心療内科とは、からだの症状だけでなく、心理・社会的な側面を含めた、人間を統合的に診ていこうとする「全人的医療」の一つです。
現在、日本国内の心療内科医は約900名しかおりません。
当院では、数十年間、内科やアレルギー疾患の治療研鑽を積み、心理療法の臨床に携わってきた心療内科医師が専門的な治療を行います。
古来よりある心身一如の考えのもと、身体的な症状と心理社会的要因との関連を明らかにするとともに、心身両面から治療することで、症状の改善を図っていきます。
具体的には状態に応じて、薬物療法、心理療法、自律訓練法などを行なっていきます。

診療時間(完全予約制)

受付 完全予約制
診察 月・火・木・金・土 9:30~12:00
休診日 水曜・日曜・祝祭日・お盆・年末年始
予約受付時間 9:00~17:00(日曜・祝日・年末年始を除く)
予約受付電話番号 医事課 TEL.078-923-2385
  • 完全予約制となりますので、事前にご予約いただいてからお越しください。
  • 予約の際、「心療内科外来の予約をとりたい」ということを、係の者に必ずお伝えください。
  • 費用は健康保険の対応となります。
  • 保険証を必ずご持参ください。
  • お問い合わせ、ご予約には料金がかかりません。キャンセルは可能です。

曜日別担当医一覧

平成29年4月1日より 電話予約: 078-923-2385
  診察時間 土(AM)
初診・再診 午前
(9:30~12:00)
新海 新海   新海 新海 新海

お問い合わせ・ご相談はこちら

入院や受信に関するご相談:078-923-0879/ご予約・保険類・処方箋:078-923-2385/入院中の患者様に関するご相談・その他:078-923-0877