リハビリ部ブログ

昔の思い出話。

「回想法」ってご存知ですか?

認知症の方々は、すぐ前の出来事は忘れてしまっても、過去の事はよく覚えておられます。

その過去の記憶を引き出し、共感することで高齢の方々のこころの安定を図ります。

また、懐かしい、楽しかったなどの思い出を蘇らせることで「こころの快」が生まれます。

そうすることにより、認知症の進行を遅らせることが出来ます。

P1200152_1

今回使ったのは、お手玉、けん玉、おはじきです。

そういえば、私も昔遊んだことがありますよ^^

テレビゲームがなかった子供のころは、よく外であそんだっけ。

P1200163_11

おはじきなどで実際に遊んでもらいながら、昔の記憶をたどっていきます。

楽しかった子供の頃の思い出。

昔の友達たち。

夕暮れ過ぎまで遊んで帰って怒られた記憶・・・。

様々な記憶がよみがえってきたようです!

今回は、私達作業療法士だけではなく、臨床心理士にも入ってもらいました!

心理士のアドバイスをもらいながら、患者さんとのコミュニケーションを取らせて頂きました。

ほんの小さなことでも、患者さんの心に響いたり、また逆の効果となって現れたり。

人のこころって、本当に難しいですね。

これからも、多職種で連携し、よりよい治療が提供できるよう頑張ります!

 

お問い合わせ・ご相談はこちら

入院や受信に関するご相談:078-923-0879/ご予約・保険類・処方箋:078-923-2385/入院中の患者様に関するご相談・その他:078-923-0877