コミュニティライフサポート部ブログ

阪神淡路大震災から20年です

 みなさん、こんにちは。

 

 阪神淡路大震災から20年たちました。

 被災された方も多く、20年たったいまでも

 影響を受けていることもあるかと思います。

 

Šî–{ CMYK

 

 明石こころのホスピタルでも、明石病院時代に被災し大変だったと

 当時を知る職員から聞いています。

 また、こころに負担がかかり、震災が要因で精神科に通う人も増えていました。

 

 阪神淡路大震災の1月17日から、東日本大震災の3月11日までは、震災関連のテレビ番組も多く、

 防災についてもいろいろと放映されています。

 自然災害は、防ぐことが難しいところが多いですが、それでも起こった時のために

 準備をしておくことが大切だということです。

 

 当院でもいろいろと対策を行っています。

 停電に備え、自家発電装置を屋上に設置しています。

 入院患者さんがおられますので、十分な保存食糧を備蓄しています。

 緊急連絡体制システムの構築や、

 消防防災訓練を行うなど、できることに取り組んでいます。

 

 家庭でも、

 ①家の中の安全をチェックする。

 ②持ち出し袋や備蓄品を用意しておく。

 ③避難場所を確認しておく。

  などを行っておくと良いとのこと。

 

 防災に、『これで十分という対策はない』と言われておりますが、

 できることをまず始めてみるのが大事。

 

 デイケアでも、プログラムの中で、

 家でできる震災対策をメンバーさんと学んでいこうと思います。

お問い合わせ・ご相談はこちら

入院や受信に関するご相談:078-923-0879/ご予約・保険類・処方箋:078-923-2385/入院中の患者様に関するご相談・その他:078-923-0877