コミュニティライフサポート部ブログ

こころの医療を語る会

 9月18日(木曜日)、

 明石こころのホスピタル新病棟がオープンして、はじめての講演会がありました。

 題して、『こころの医療を語る会』です。

 

P1210066

 

 当院からは、平野診療部長、脇坂事務次長が発表し、

 外部からも、高知大学医学部、下寺准教授。

 中山神経内科、中山院長をお招きしてのたっぷり2時間、盛大な講演会となりました。

 どの演者の講演も、興味深く勉強になることばかりでした。

 

 特別講演、下寺先生の『統合失調症の心理社会的治療~有効な心理教育について』では、

 統合失調症の方のことだけでなく、うつ病の方のこともたくさんお話を聞かせていただきました。

 

 日頃、うつ病患者さんのリワークデイケアで、心理教育をプログラムに多く組み込み、

 行ってきたわたしたちにとっては『うつ病の方には特に心理教育が有効』と言っておられたことに、

 非常に勇気付けられました。

 

 『映像媒体による入力が効果的なこと』

 『一方向からでなく、双方向に質問やその人に合った解決方法を示すことが大事』

 『心理教育の効果はそのとき出なくても後で必ず出るもの』

 『本人だけでなく、家族の理解を深めることが大事。家族・支援者も含めた心理教育が必要』

 といった大事なことをいろいろ教えてくださいました。

 リワークデイケアでも、今後の心理教育プログラムに生かしていきたいと思います。

 

 本当に勉強になりました。下寺先生、中山先生ありがとうございました。

 

 

 関連記事:明石こころのホスピタル看護部ブログは、こちら

      明石こころのホスピタルfacebookは、こちら

お問い合わせ・ご相談はこちら

入院や受信に関するご相談:078-923-0879/ご予約・保険類・処方箋:078-923-2385/入院中の患者様に関するご相談・その他:078-923-0877