コミュニティライフサポート部ブログ

リワークプログラム2年を経過して

 みなさんこんにちは。

 

 明石こころのホスピタルのリワークプログラムは、

 旧明石病院時代の平成24年10月より開始し、今年9月末で、まる2年を経過いたしました。

 

 先日、2年間のデータを振返ってみました。

 

図5

 

 現在、プログラム中の方を含め、95名の方が利用されました。

 その中で、プログラムを修了された方が65%。修了者の復職率が74%となりました。

 

 この数字は、全国のリワークプログラムの平均的な数字です。

 これを『低いな』と感じられる方もおいででしょうが、

 症状の少し重い方、リワークプログラム自体になじめなく中断した方を含めた数字です。

 

 リワークプログラムの最終的な目的は再休職の予防(症状再発の予防)です。

 その効果は、復職してどれだけ勤務が継続できているのか、その期間で表されます。

 

 プログラムが有効であったかどうかを検証するためには、

 プログラムを利用せずに復職した人の、就労継続期間の比較をするとわかりやすいです。

 
 リワークプログラムを利用しなかった人の再休職するリスクは、

 プログラム利用者に比べ約6倍という研究データも出ています。

 

 当院でも、復職後の就労継続率や期間をどう伸ばしていくかに注目して、

 リワークプログラムを改善していきたいと思います。

お問い合わせ・ご相談はこちら

入院や受信に関するご相談:078-923-0879/ご予約・保険類・処方箋:078-923-2385/入院中の患者様に関するご相談・その他:078-923-0877