症状・診断ガイド

  • HOME >
  • 症状・診断ガイド

こういった症状にお悩みの方へ

幻聴や妄想などの症状がある

約100人に1人が統合失調症に罹っていると言われています。
発症する時期は、10代後半からで、20代に最も多い病気です。

主な症状として「幻聴や妄想」が挙げられ、幻想と現実の区別が付かない状態となります。

先天性の病気でもなく、生涯つづく病気ではありません。治ることも勿論あります。
しかし、ストレスのかかる現代社会では、治りかけていた症状も再び ぶり返してしまうことが多いと言われています。
そのため、専門的な知識を持った医院による、継続的な治療が必要です。

外来のご案内

ハイテンションで活動的な躁状態と、憂うつで無気力なうつ状態をくりかえす

そううつ病 (双極性障害)は一般的に長期化しやすい傾向があり、再発率も高い病気です。
症状が治まっても、再発を予防するために治療を続ける必要があります。

主な症状は、「自分がとても偉くて、できる人間だと思う」、「睡眠時間が短いのに、よく眠れたと感じる」、「普段よりおしゃべりになる」といった症状が有ります。
双極性障害の治療は、「再発予防」をいかに行うかが大切です。
再発予防のためには、本人や周囲の人たちが病気を理解し、長期間じっくりと治療に向き合い、専門医に相談して、一緒に治療計画を立て、ゆっくりと焦らず、着実に治療していくことが大切です。

外来のご案内

マイナスな感情ばかりになり、やる気が出ない

およそ10~15人に1人が、生涯にうつ病を経験すると言われています。
主な症状は、「気分が落ち込み 、悲しい気持ちがする、涙が出やすくなる」、「今まで楽しめていた事を楽しむことができない」、「疲労が強い」等が挙げられます。
治療法は、投薬治療が中心となりますが、十分な休養やまわりの方の配慮が不可欠となります。
明石こころのホスピタルでは、専門的知識の観点から、包括的なアドバイスをさせて頂きます。

心療内科

不登校、ひきこもり、家庭内暴力などがある

児童、思春期にも様々な問題が発生します。不登校、ひきこもり、家庭内暴力、などの状態に対して、精神医学的な立場から御相談に応じます。まずは、 児童思春期外来にてご相談ください。

児童思春期外来

困難な状況に直面し、精神的に参ってしまっている

精神科に通院している患者様の10%以上が適応障害であるとされています。
困難な状況に直面し、精神的に参ってしまった状態の事を示します。
よくある症状は、「 仕事がきつすぎる。」、「 学校の校則が厳しい。」、「 お隣さんの犬がうるさくてたまらない。」等
様々なケースが有ります。
治療法は、原因をクリアに解決してあげる事です。
また、カウンセラーと話をすることで、原因を見つめ直すことができ、気持ちが楽になります。
気分の落ち込みや不安感が強い時にはお薬も使われます。

おとなの発達外来

太るのが怖くて食べられない、逆に太るのは怖いのに食べ始めると止められない

太るのが怖くて食べられない、逆に太るのは怖いのに食べ始めると止められない、沢山食べてしまうと太らないように自分で嘔吐したり、下剤を使ったりしてしまうなど、食べ方が難しくなっている方。
専門医と臨床心理士、栄養士、作業療法士のチームによる専門的な外来です。
ご家族のみのご相談もお受けしておりますので、一度ご相談ください。

摂食障害外来

物忘れがひどくなり、同じことを何度も言ったり聞いてしまう

認知症は、2010年時点では252万人が発症していると言われています。
今後、高齢化が進むに伴い、2035年には445万人が発症すると予想されます。
主な症状は、「同じことを何度も言ったり聞いたりする」、「自分の失敗を人のせいにする」、「日付や曜日がわからない」、「怒りっぽくなった、落ち着かなくなった」、「ぼんやりしていることが多くなった」等が挙げられます。

認知症の兆候かもしれないと思ったら、早めの診断がよいという考え方があります。
早期発見は、進行を遅らせる事ができます。進行してしまうと、治療効果も薄れていき、より深刻な状態になる場合もあります。まずは、専門の医師にて診断することをお勧めします。

認知症治療

お問い合わせ・ご相談はこちら

入院や受信に関するご相談:078-923-0879/ご予約・保険類・処方箋:078-923-2385/入院中の患者様に関するご相談・その他:078-923-0877