心理室ブログ

そういう季節なので

 今年も残すところあと1ヶ月になりましたね。あまりの月日の早さに驚いてばかりなのですが、皆さまは今年にやり残した事などはありませんか?

 さて、12月と言えばクリスマスシーズンという事もあり、友人や家族や恋人と一緒に外出する機会も増えると思います。さらにこの時期は街の至る所でイルミネーションが点灯され、それを目当てに集まる人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は『イルミネーション』が与える心理的効果について簡単にまとめてみました。

 

①気分が高揚する

 暗い夜に明るくて鮮やかな光があるとつい見惚れてしまいますよね。しかも冬は夏に比べて空気が乾燥しているので光がよりキレイに見えるという利点があります。

 

②防犯対策になる

 人気の少ない暗い夜道は犯罪発生率が高くなると言われています。イルミネーションを設置することで周囲が明るくなり、そこに人々が集まる事でさらに防犯が見込めます。

 

③同調効果を高める

 世間のイベント全般に言える事ですが、人には『周りと同じ事(同調)をしたい』という気持ちがあります。同じ日に同じ場所で一緒にイルミネーションを観賞する事でその気持ちが刺激され、お互いの親密度が高まりやすくなります。

 

 上記で述べたように個人的、あるいは社会的レベルにおいてイルミネーションが心理的効果を与えてるようです。イベントに参加する事自体を楽しめるのはもちろん大事ですが、イベントの由来や目的を考えてみるのも別の楽しみになるかもしれませんね。

お問い合わせ・ご相談はこちら

入院や受信に関するご相談:078-923-0879/ご予約・保険類・処方箋:078-923-2385/入院中の患者様に関するご相談・その他:078-923-0877