心理室ブログ

心理士紹介⑮

 

 今年4月より当院の外来看護部へ配属となりました心理士です。春、外来の待合を初めて訪れた時、外から差し込む柔らかな光が、不安に思う私の心を優しく照らしてくれているように感じました。この素晴らしい空間を私と同じ様に不安な気持ちと共に訪れる患者さんとどの様に向き合って行くことができるのか、あれから今も心理士として試行錯誤する毎日を過ごしています。

 外来看護部は、看護師を始め、臨床検査技師や事務員等、多様な職種のプロフェッショナルが所属しています。それぞれの専門的観点から意見を交わし、学び合い、力を合わせ、チーム医療に取り組んでいます。このチームの中心にはいつも患者さんがいます。One for all,All for one を絆とするチーム医療に私自身も心理士として参加できるやりがいや喜びを感じながら、その技術の向上に貢献できるように努めています。

 最近、「みんなおなじ でも みんなちがう」という素敵な絵本を見つけました。動植物の個体差のひとつひとつが、素晴らしい個性であることに子どもだけでなく、私たち大人にも気づかせてくれる美しい絵本です。これまでの私は、福祉や教育、また医療の現場で、乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層の方々、素晴らしい個性を持った方々の臨床に携わる機会を得てきました。振り返ると、多様な思いを前に寄り添うことの難しさを感じながら、心理士として患者さんと共に一日一日を何とか少しでも前に進もうと励む日々だったように思います。

 今、私は新しい環境に戸惑いながらも発見に満ちた素晴らしい時間を心に刻んでいます。私自身がみなさんと「ちがう」ことを恐れず、その価値を大切にし、出会った方々の声を懸命にきくこと。そしてその声となること。みなさん、困ったことや話したいことがあれば、いつでもお声がけください。柔らかな光に満ちた当院で待っています。

お問い合わせ・ご相談はこちら

入院や受信に関するご相談:078-923-0879/ご予約・保険類・処方箋:078-923-2385/入院中の患者様に関するご相談・その他:078-923-0877