心理室ブログ

心理士自己紹介⑪

はじめまして、今年の4月に入職した心理士です。

 

この病院の心理室には色んな個性を持った素敵な

心理士の皆さんとその業務を支えてくれる頼もしい

心理事務さんがいて、お互いに切磋琢磨し、助け合い

ながら働いていて、とても活気があります。

 

以前、私は精神科の診療所で勤めていました。

この病院で働かせて頂くようになって

あっという間に4か月半が経ちました。

 

今、改めて感じているのは働く場所が変わっても

私の仕事の中身は同じだということです。

 

私がこれまでの臨床経験の中で常に感じてきたのは

人が持つ『変化する力』の素晴らしさです。

 

私の仕事は、皆さんが気づいていない『変化する力』を

一緒に探し、それがうまく働くようにお手伝い

することだと思っています。

 

時には心の病気や症状がどうして起こるのかを

説明することもあります。

 

どんな心の病気にもそうなるだけのその方なりの

理由がちゃんとあります。

 

しかし、残念なことにそれを知らない方が

まだまだ多いのが現状です。

そして、その為に辛い思いをされている方が

多いように感じます。

 

心の病気になったことで立ち止まり、自分の心と体を

十分に休め、自分の心に耳を傾けていく作業をすると

「自分の“本当の”心の声」が聞こえてくるようになります。

 

その心の声が『力』となり、もっと自分らしく人生を

生きていけるようになります。

そのお手伝いをさせて頂くこが私は大好きです。

 

次は、私と同じく4月に入職した心理士の登場です。

お問い合わせ・ご相談はこちら

入院や受信に関するご相談:078-923-0879/ご予約・保険類・処方箋:078-923-2385/入院中の患者様に関するご相談・その他:078-923-0877