コミュニティライフサポート部ブログ

クーラーには

 みなさん、こんにちは。

 

 ずいぶんと暑くなってまいりました。

 早くもクーラーを使うことが、多くなっている方もおられると思います。

 

クーラー2

 

 

 クーラーは便利で快適にすごせる道具ですが、使い方を間違えると体がだるくなったりします。

 俗にいう『クーラー病』と言うものです。

 上手に使うためにも、クーラー病を防ぐ要点を覚えておくと良いと思います。

 

 1.直接冷気を肌に当てないようにする

  直接冷気を肌に当てますと、体を冷やしすぎてしまうことがあります。

  冷えやすい首筋にスカーフを巻く、カーデガンをはおる。ひざ掛けをつかうなどするとよいです。

 

 2.体を動かす

  体を動かすと血行が良くなり、体を冷やしすぎることを防ぎます。

  ストレッチやウォーキングなど軽く体を動かすことが、クーラー病を防ぐために大切となります。

 

 3.温度差は5℃が目安

  クーラーは外気温と5℃差くらいが良いとされています。

  あまり、冷やしすぎないように心がけましょう。

 

 4.温かい食事を

  夏は食事も、冷たいものが多くなりがちです。

  おかずを1品だけでも暖かいものを食べるなど工夫するとよいです。

 

 5.入浴で体を暖める

  入浴で体を暖めることは重要です。夏は、シャワーだけですませることが多くなりますが、

  自律神経の中枢がある、首の後ろに暖かいシャワーを当てて温めるだけでも

  ずいぶんと効果があります。

 

 みなさんも、クーラー病に気を付けて、上手に使うようにしてください^^

お問い合わせ・ご相談はこちら

入院や受信に関するご相談:078-923-0879/ご予約・保険類・処方箋:078-923-2385/入院中の患者様に関するご相談・その他:078-923-0877