コミュニティライフサポート部ブログ

夜食のお話

 みなさん、こんにちは。

 

 ついつい夜食を食べてしまうときはありますよね。

 クセになって、毎日食べてしまうこともあるかと思います。

 

 夜食禁止

 

 夜食はみなさん、よく知っている通り、太りやすくなりやすいです。

 

 理由としては、

 1.夜は代謝が低くなる(エネルギーの消費が低くなる)

 2.食事を消化するときの内臓の働きも朝に比べて悪くなる

 3.脂肪を蓄積させるたんぱく質が増える(午後10時~午前2時の間)

 と、いったことがあがるそうです。

 

 結果、食べたエネルギーが脂肪として蓄積されやすい状態となります。

 

 また、食後2時間以上は、内臓が消化するために働きます。寝てしまうと、内臓の働きも悪くなり

 消化不良などもおこしやすくなります。

 

 寝る3時間前までには、食事をすませておくのが良いと言われています。

 

 とはいえ、お腹が空いて寝れない時などありますので、夜食をとるときはあると思います。

 夜食に向いているものは、

 

 1.水分が多いもの

 2.カロリーが低いもの

 3.温かいもの

 

 具のないみそ汁、お茶漬け、お粥、春雨ヌードルなどが向いているそうです。

 

 食習慣は、言葉通り習慣になってしまいやすいので、続けて毎日夜食をとってしまわないように

 気を付けるのが大事だそうです。

お問い合わせ・ご相談はこちら

入院や受信に関するご相談:078-923-0879/ご予約・保険類・処方箋:078-923-2385/入院中の患者様に関するご相談・その他:078-923-0877