コミュニティライフサポート部ブログ

家で転ばないために

 みなさん、こんにちは。

 

 家の中で転倒することは、なにも高齢者に限ったことではありません。

 若いメンバーさんでも、家の中で転んで骨にヒビが入るなどのケースがありました。

 

転倒

 

 特に冬場は、体が少し動きにくい、厚着をしている。コタツなどつまずきやすいものが

 家の中に増えるなど、転倒の危険性があがる時期です。

 

 足腰が弱ってきたので体力を強化して、というような時間のかかる方法だけでなく、

 家のちょっとしたことを気をつけるだけで、転倒の危険性が低くなることがたくさんあります。

 

 少し自分の家のチェックをしてみましょう。

 

 1.玄関から道路まで

   ①道路に行くまでに、またいだり邪魔になるものはありますか?

   ②雨や凍ったりして滑りそうなところはありますか?

   ③壊れていたり、平でない段はありますか?

 

 2.玄関

   ①玄関にまたがないといけない、靴や物はおいてありますか?

   ②壊れていたり、平らでない段がありますか?

   ③床は滑りやすですか?

   ④玄関が暗くないですか?

 

 3.部屋の中・廊下

   ①床にズレやすいじゅうたんや敷物はありますか?

   ②段差や平らでないところはありますか?

   ③コードをまたいで行かないといけないところはありますか?

   ④家具を回り込むように通るところはありますか?

   ⑤床に、新聞・本・服・洗濯物・物がおいてありますか?

   ⑥部屋は暗くないですか?

 

 このあたりにチェックが入ると、転倒する危険性が高くなります。

 

 床に置いてあるものが多いと、転倒しやすくなります。

 コード類や踏むと動いてしまうものは危険です。

 配置をかえれるもの、片づけられるものは、片づけるのが良いです。

 

 滑りやすいものには、ホームセンターや100均で、

 滑り止めが色々とありますので検討してみるのが良いです。

 あと、暗いとつまづきやすくなりますので、

 電球を新しいものに変えるなども有効な対策となります。

 

 気になるところを少し片づけるだけでも、ずいぶんと危険性は下がります。

 家で元気に過ごすためにも、チェックしてみるのをおすすめいたします。

お問い合わせ・ご相談はこちら

入院や受信に関するご相談:078-923-0879/ご予約・保険類・処方箋:078-923-2385/入院中の患者様に関するご相談・その他:078-923-0877