コミュニティライフサポート部ブログ

服薬アドヒアランス

 みなさん、こんにちは。

 

 精神科の疾患では、服薬治療が大切と言われています。

 精神疾患の原因は、いまだはっきりとは解明されていない部分が多く

 現在の医療では、根治することが難しい疾患であり、糖尿病などと同じように

 継続した、薬物治療が必要とされています。

 

 薬2

 

 服薬治療を続けていくためには、

 薬を飲む人のチカラというものが、より大切になってきます。

 最近では、医療現場だけでなく一般的にも

 『服薬アドヒアランス』という言葉を聞くようになってきました。

 

 『服薬アドヒアランス』とは、簡単に言うと

 患者さん自身が、疾患のことをよく理解し、治療方針の決定に参加し、

 積極的に治療を行おうとする態度のことを言います。

 

 自分の病気を受け入れ、主治医を信頼し、薬のことも理解してきちっと飲んでいると、

 病気の経過が良いことが多いようです。

 反対に、自分の病気のことを自覚症状がないからと無視したり、

 主治医との関係が良好でなかったり、薬も飲んだりやめたりというような方は、

 病気の経過も悪いことが多い傾向にあるようです。

 

 病気のことはわかならないと、ほっておかずに、

 わからないことは聞いてみたり、以前の薬の方があっていた気がする。

 最近、体が重たいので、薬の量を調整してほしいなど、主治医や医療関係者と、

 相談や自分の意見を言いながら治療をすすめていくのが、服薬アドヒアランスと言われるものです。

 

 自分の病気のことは知っておいて損なことはないので、医師やスタッフに質問してみる。

 疾患教育や服薬教室といったプログラムに参加してみることが、大切になってくると思います。

お問い合わせ・ご相談はこちら

入院や受信に関するご相談:078-923-0879/ご予約・保険類・処方箋:078-923-2385/入院中の患者様に関するご相談・その他:078-923-0877